公益競技の3競って知ってる?競馬・競艇・競輪の特徴をご紹介!

公益競技の3競って知ってる?競馬・競艇・競輪の特徴をご紹介!

公益競技とは、地方自治体などが主催で運営している賭け事のこと。
そのなかでもとくに3競と呼ばれている「競馬」「競艇」「競輪」の人気が高く、最近は若い女性が会場へ遊びに行くことも多くなりました。

3競はそれぞれ個性豊かですが、

「競馬は知ってるけど、ただのギャンブルでしょ」
「近所に競艇場があるけど、行ったことはない」
「競輪の選手、一人も知らないんだけど」

と思っている方も少なくないことでしょう。

このページでは3競について詳しくご紹介していきます!
公営競技に興味がある方は、ぜひ最後までお付き合いください。

公益競技で一番有名な競馬!
馬×騎手の戦いは必見

公益競技で一番有名な競馬!馬×騎手の戦いは必見

競馬とは、騎手が馬(サラブレット)に乗り、順位を争う競争競技のこと。
1着から3着までの順番を予想する賭け事ですね。

レースによって出走する馬の数は異なりますが、5~18頭立てで行われます。
ただ実際は10~14頭ほどで走ることがほとんど。

そのため1着から3着までの組み合わせ(3連単)が4896通りもあり、的中しにくいものの高配当が狙えます。

競馬は日本だけでなく世界中で開催されていて、最も有名なレース「凱旋門賞」は、一度耳にされたことがあるのではないでしょうか。

日本の近代競馬は、中央と地方の2種類に分かれています。
日本中央競馬会(JRA)が主催する競馬が中央。
県や市町村などの地方自治体が主催するのが地方ですね。

中央競馬は年始を除いた毎週土曜・日曜日に開催されています。
地方競馬は平日にも開催していて、毎日のように日本各所で盛り上がっているんですよ。

競馬のコースは芝・ダート・障害の3種類。
コースによって走りやすさやレース展開が違います。

また基本的に競馬は、同一レースで走る馬の実力が近い特徴があります。
だからこそ熱戦も多く、どの馬が勝つか分からない醍醐味があるんです!

基本的な競馬の紹介の次は、隠れた魅力に迫りたいと思います。

競馬の魅力ってなに?
子連れも多いほど環境が◎

「競馬ってただのギャンブルでしょ?」
こんな風に思う方もいるでしょう。

たしかに賭け事であるのは間違いないですし、ギャンブルと聞いて良いイメージを持つ人の方が少ないです。

ただ競馬は歴史あるスポーツ
体高160~170cm・体重450~500kgのサラブレッドが、時速70kmものスピードで駆け抜ける姿には圧倒されると思います!

なにより美しい毛並みと筋骨隆々なサラブレッドは、マンガや映画の世界に出てきそうな雰囲気があり、写真を撮るために足を運ぶ人もいるほど。

それに近年は環境改善にも取り組んでいて、子供が遊べる遊具が競馬場内に作られていたり、女性は無料でドリンクが飲めるコーナーを設けたり、
家族連れや女性でも楽しめる工夫をしています。

賭けるだけが競馬ではありません。
日常とは違った空間…まるでテーマパークのような心地するのも、競馬場の魅力なんですよ。

インコースの勝率が50%以上?
艇×選手の読み合いが激アツ!

インコースの勝率が50%以上?艇×選手の読み合いが激アツ!

競艇は日本発祥のモータースポーツ。
地方自治体が運営主となって開催しています。

競馬と同じように1着から3着までの順番を予想する賭け事ですが、6艇立てて行われるので、組み合わせ(3連単)は12
他の公営競技のなかで最も的中率が高いのが競艇なんです。

しかも競艇は内側のコースが1着になりやすく、勝率は50%前後と高い数値です。
読みやすく当てやすい競艇に、競馬から流れる人も多いんですよ。

競艇はほぼ毎日(お盆・年末年始も)開催されているのも特徴。
モーニング(8:00~15:00)やナイター(15:00~21:00)も催していて、老若男女さまざまな方がレースを楽しんでいます。

競艇の面白いところは、選手の実力で線引がないレースもあるということ。
一流選手と二流選手の混合試合では、圧倒的に一流選手が良い成績を上げるので、狙いやすいといえるかもしれませんね。

また競艇で仕様される艇(ボート)の規格や仕様は全選手同じもの。
あとはどれだけ自力調整できるかがカギですし、他選手の整備や調子・動きをふまえて艇を動かすので、読み合いのレースは観ていて面白いと思います。

続いて競艇の魅力を確認していきましょう!

競艇の魅力ってなに?
水上を疾走するボートの躍動感に興奮!

競艇は「位置について、よーいどん!」という、一般的なスタートとは異なるフライングスタート方式を採用しています。

これは決められた時間内にスタートラインを通過する方式。
大時計台(基準時間)が1秒から0秒を示している間に通過しないと、フライング(0秒前に通過)や出遅れ(1秒以上遅れて通過)になり、欠場扱いになってしまいます。

そのため各艇はスタートから全速力でスタートラインを目指し、1秒から0秒というギリギリのタイミングを狙うんですよ。

時速70kmという早さで疾走する姿は圧巻の一言!
まばたきをしている間にスタートが決まるので、見ているこっちがドキドキします。

そして一瞬のスタートが決まったと思えば、次に待っているのは180℃のターン
70kmものスピードを落とすことなく体全体を使って回るモンキーターンは、マンガのタイトルになっているほど艇界では有名なんです。

競艇が公益競技であるのは間違いありません。
ですが目前で水しぶきを上げながら駆け抜ける艇の姿に魅了され、シンプルにレースを楽しむ人も増えています。

とくに競艇はイケメンや美女が多いモータースポーツ。
選手との距離感が近いので、好きな選手を応援しているだけでも楽しいかもしれませんね。

チーム戦とガチバトルが入り乱れる競輪
自転車×選手のタイマンは必見!

チーム戦とガチバトルが入り乱れる競輪 自転車×選手のタイマンは必見!

競艇と同じく、日本発祥のトラックレースである競輪。
地方自治体が運営主となって開催しています。

ほかの公益競技のように、1着から3着までの順番を予想する賭け事で、通常は9車立てで行われます。

競輪は自分自身で自転車を漕ぎ、勝利を目指すレース。
そのため選手の実力でハッキリ勝敗が分かれるので、競馬や競艇よりも不確定要素が少ないと言えるでしょう。

また選手の実力が数値として明記されていて、初心者でも狙いやすいのが◎
知名度でいえば競馬・競艇よりも低いですが、実は予想がしやすいんですね。

競輪は全国43箇所に会場があり、足を運びやすいのもメリット。
時速70km近いスピードで駆け抜ける姿は、一目見るだけの価値はあると思いますよ。

競輪は一番先頭を走る選手が直に風を受けることになるので、1人で走るのは不利な競技。
そこで暗黙の了解として、最後の1周までチームで戦うことが多いんです。

師弟関係がある・同じ地元・同期など…。
それぞれが味方を見つけて一緒に先頭を目指すのは、競輪ならでは。

もちろん勝負の世界なので、最後は個々人のガチバトル!
体をぶつけ合いながら少しでも先を狙う競輪は、見ている方にも熱が伝わる激しいトラックレースです。

ほぼ毎日(お盆・年末年始も)開催されているので、選手同士の激しいバトルが見たい方は、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

続いて競輪の魅力を確認していきましょう!

競輪の魅力ってなに?
女子選手が活躍している!

競輪が「ケイリン」として、五輪の正式種目になったことから、2012年にガールズケイリンが復活・新生しました。

女子選手だけでレースが行われるのは、競輪の特徴なんですよ。

男子競輪と違い、基本的にチームを組むことが禁止されているガールズケイリン。
個々人の本当の力がぶつかり合うので、男子よりも面白いレースが多いという声も多くあるんですよ。

またガールズケイリンの選手の太ももに注目が集まることも少なくありません。

成人女性の平均が50cmほどなのに対し、ガールズケイリン選手の太ももは60cmオーバーがほとんど。
美しい筋肉美に惹かれ、ファンになる人も多いとか少ないとか。

最近ではガールズケイリンカフェというイベントが不定期で開催されています。
選手自らが先頭に立ってグッズや飲食物の販売をしていて、選手と直接触れ合える機会として大好評を得ています。

どんな人が激しいレースを戦っているのか知れれば、きっと競輪が好きになっていきますよ。

公益競技に興味がある方へ

最後までありがとうございました。
公益競技で人気のある3競をご紹介しましたが、いかがでしたか?

当サイトのトップページでは、競馬・競艇・競輪の稼ぐコツをご紹介しているので、ぜひ合わせてお読みくださいね。